会長 石原 啓資

啓資

ただいま、ご紹介いただきました会長の石原でございます。
本日はお暑い中、かくも多数の会員皆様にご出席いただき誠に有難うございます。
会員の皆様がお元気で矍鑠とされているご様子には、幾分か若い私も頑張らねばとお力を毎回いただいている次第です。

本日はご多忙の中、双日株式会社様から藤本社長様はじめ、多数の役職員の皆様方にご出席を賜り、心より御礼申し上げます。有難うございます。

さて、完全引退して晴耕雨読の毎日を過ごしていますと、新聞を隅から隅まで読むようになり、世間の出来事を目にしていますが、数か月前まで罵り合っていた両氏がシンガポールで会談を行って笑顔で握手されている光景を目にしました。数年前に広島で山崩れが生じ死者を出した災害がまだ記憶に新しいのですが、先月初め同じような災害で多数の死者を出し、想像を超える出来事が頻繁に起こっております。世界が平和になることは歓迎ですが、同じような災害が何度も起こることは如何かと?マークが付きます。最近一番納得ができないことが、参議院議員定数を6名増やすとの法案が国会で可決されました。ほぼ同日の新聞に人口減少の記事が掲載され人口減少下で、国会議員の定数が増えるとの理解に苦しんでいます。ボヤキ漫才のようになりましたが、何が起こるか事前に想像できない世の中です。自分のことは自分で守る自衛精神をもって日々生活を楽しんでいただければと思う次第です。

先日郵送されました株主通信によりますと、本年度から新たな三か年計画がスタートされ最終年度は当期純利益750億円以上のコミットメントが発表されています。継続可能な発展を遂げるための新規投資も果敢に行われるとの心強いメッセージを受け止めています。双日株式会社の確固たる発展が着実に実行されることを心からお祈り申し上げます。

後ほどの総会にて諮らせていただきますが、ニチメン東京社友会運営メンバー世話人会も昨年から大幅に若返りを図り、各担当の責任者が新たに就任いたしました。年2回の会報発行、総会・懇親会、新年会と主たる行事を運営いたしておりますが、適時新しい情報を提供できますようホームページの刷新等新たな取り組みを対応させていただいております。本年の新年会でご紹介いたしましたホームページに「ふれあい広場」を設けましたが、残念ながら、ほとんど活用されていない状況が続いております。積極的にご利用いただき、ご活躍のお姿をPRしていただければと思っています。会員参加型のホームページに趣を改めればと考えています。どんどんアイディアをいただければ幸甚です。
この社友会が、会員皆様方の絆を深める場となり、お元気で長生きされることの一助になれればと強く感じております。「人生100年」との文言が世間では頻繁に使われるようになっています。会員の皆様が有意義な日々を過ごしていただきたく強く感じている次第です。

最後になりましたが、会員の皆様が暑さに負けずお元気でお過ごしになれること、双日株式会社の業績が継続的に発展を遂げることを祈念いたしまして、私の挨拶とさせていただきます。

ご清聴ありがとうございます。

以上