ニチメン東京社友会のホームページです。ニチメン株式会社の東京を拠点として働いていた方々の交友の場です。同好会や寄稿文をはじめとするコンテンツをお楽しみ下さい。

いろは句会

月例句会日: 毎月第4・水曜日18:00~
会場: うすけぼー昭和通り店(元NM日本橋分室の昭和通り筋向い)
投句: 3句(兼題1句+自由題2句)/人
会費: ¥3,500 /人
(飲食費+事務費の合計です。)
連絡先: 宇治田 薫

「俳句の会」いろは句会

佐藤 英二

長寿の「いろは句会」句集を今回もお届けします。当句会は本年3月に第389回を終了し、「継続は力」の言葉通り地道に活動しています。
2020年1月以来、急激に感染が広がった新型コロナウイルスの影響で、メンバーが直接顔を合わすことが出来ずメール交信という形式での句会が既に2年半となりました。いずれは従来通り対面形式でという期待を持ちながら、月に一度会員同士で切磋琢磨しております。
俳句に少しでも興味のある方、始めてみたいと思っている方、老若男女問わず大歓迎ですので、社友会編集部にご連絡ください。
今回は昨年10月〜本年3月の間の各人自薦3句をご披露致します。(氏名は50音順)

踏青やハミングしたる十八番
春光に蹌踉めきて立つ麒麟の子
年毎に道遠くなる墓詣で
宇治田薫風
おさな子のよちよち歩き青き踏む
川岸の夕日に染まる草紅葉
赤頭巾並ぶ地蔵の冬めけり
久保田悦子
朝刊の配達の音朝寒し
境内に人影見えず除夜の鐘
子らの声なき節分や令和の世
佐藤 英二
日脚伸ぶいつもの道のいつもの樹
冬晴れや雑に大きく窓を拭く
銀杏散る黄葉敷きつめる通り道
下川 泰子
人訪はぬ古き小社に初詣
八本のオール揃ひて春光る
散り敷きてなほ真つ盛り金木犀
福島 有恒
玉砂利をファーストシューズ初参
裏木戸は傾いだままに花八つ手
冬日影ストリートダンサーひとり
藤野 徳子
古里の山河は優し青き踏む
寒紅やきりりと巫女の束ね髪
冬日浴び笑ふたような野の仏
堀部 暁
春光や毬蹴る子らの声高し
何事も無きが如くに沈丁花
枯れ蓮の映る池の面宮参り
山田 珠真子

以上

最近のコメント

ふれあいの広場

ふれあいの広場

総会・新年会 写真集

総会・新年会 写真集

花めぐりウオークへのお誘い

花めぐりウオークへのお誘い

会報アーカイブス

会報アーカイブス
PAGETOP
Copyright © ニチメン東京社友会 All Rights Reserved.