ニチメン東京社友会のホームページです。ニチメン株式会社の東京を拠点として働いていた方々の交友の場です。同好会や寄稿文をはじめとするコンテンツをお楽しみ下さい。

いろは句会

月例句会日: 毎月第4・水曜日18:00~
会場: うすけぼー昭和通り店(元NM日本橋分室の昭和通り筋向い)
投句: 3句(兼題1句+自由題2句)/人
会費: ¥3,500 /人
(飲食費+事務費の合計です。)
連絡先: 宇治田 薫

いろは句会について

平成元年1月25日発足の「いろは句会」は、年明け丸30年を迎える。平成24年2月太田昭
主宰亡き後、会員相互の自主運営による同好会として継承し、自己研鑽に勤しみつつ今日に至
る。
入会ご希望の方はご遠慮なく会員宛お申し出願います。
前号の会報以降、本年5月から10月迄の月例句会に投句された中から、会員自薦の句を茲許
ご披露致します。(五十音順)

神宿る潮の涼しき沖ノ島
秋の宵久しく遭はぬ人のこと
宇治田薫風
もぎたての蕃茄並べる農夫かな
雑草の朝露光る休耕地
久保田悦子
睡蓮の葉に見え隠れ釈迦の影
御巣鷹の夏忘れまじ鶴の羽
佐藤 英二
さっぱりと夜濯ぎあとの身の濯ぎ
睡りへといざなふ枕虫時雨
下川 泰子
夜半の秋路地裏に揺る赤提灯
犬と行く釣瓶落しの散歩道
田中 秀明
白々と新樹の聳ゆ朝まだき
上りゆく棚田の果てに雲の峰
塚本 光生
金木犀あの人にまた会へさうな
この畔もまたあの畔も曼殊沙華
堀部 暁
たくましや朝日を浴びて新樹の香
夏立つやパステル色の水平線
若月 義和
PAGETOP
Copyright © ニチメン東京社友会 All Rights Reserved.